業務委託の偽装請負というトラブル

「これから、業務委託を請けて、仕事をすることになった」という方の中には、「この働き方は、本当に大丈夫なのだろうか?」と不安になっている方もいると思います。
業務委託となれば、会社に所属するわけではありませんから、「これから先、本当に大丈夫なんだろうか?」と感じる方もいるでしょう。
実際、業務委託の際のトラブルのひとつ、偽装請負事案が発生するケースもあるのです。

「偽装請負って、どういうこと?」と思われる方も多いと思いますが、偽装請負は一般的に正社員として雇用しているにも関わらず、仕事を進める際には業務委託契約を結んだ上で業務を進めるというもの。
「この契約に、どういった問題があるのだろう?」と思われる方もいると思いますが、請負であれば本来会社に出社して仕事をする必要はありませんし、発注元からの指揮権はありません。

しかし、正社員として雇用しているため、会社に従来通り出社し、指揮権も発注元が持っていることになります。
そうなれば、雇われる方は正社員という話で仕事をはじめても、実際には正社員ではありませんから、保険などに加入することが出来ず、会社の様々な保証を受けることが出来なくなってしまいます。

「こういった契約を防ぐためには、どうしたら良いのだろう?」と思われる方も多いと思いますが、まずは契約書の内容をしっかりと確認すること。知らず知らずのうちに、こういった偽装請負となっているケースもありますから、契約書をしっかりと確認しましょう。

このように、業務委託のトラブルには、正社員という話で仕事を請けたにも関わらず、実際には業務委託のみの契約となり、補償などがないものもありますので注意が必要。何よりも、契約書の確認を徹底して行うことが、業務委託のトラブル回避法として最善策だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です