業務委託の損害賠償によるトラブル

IT関連の仕事をしている方は、業務委託を請けて、いくつかの仕事を進めている方もいると思います。そんな方の中には、「業務委託で、トラブルなどに巻き込まれてしまうことはあるのだろうか?」と不安に感じている方もいると思います。業務委託となれば、やはり仕事をしていく上で守ってくれる存在はなくなってしまいますから、不安なものですよね。
では、業務委託のトラブルのひとつ、損害賠償にはどんなケースがあるのでしょうか。

フリーランスなどで仕事をしている方にとっては、「損害賠償が怖い」と感じている方も多いと思います。
業務委託を企業と結び、仕事をしていく場合には、フリーランスの方がどうしても不利になってしまうことがあります。
企業に所属していれば、顧問弁護士などがいる場合もありますが、フリーランスとなれば自分で弁護士を雇うことはなかなか難しいですからね。

業務委託のトラブルとしては、企業経営者の怒りをかってしまい、契約を途中解除されてしまい、その分の損害賠償を請求されるケースがあります。弁護士を通し、こういった請求が来てしまうと「どうしたら良いのだろう?」と焦ってしまう方が多いと思いますが、こういったトラブルに発展してしまった場合には、まずは弁護士などの専門の方に相談することがおすすめ。「そんなお金はない」という方は、お住まいの役所や商工会議所などで無料相談なども行われていますから、こういった窓口を利用すると良いですよ。

このように、業務委託トラブルの中には損害賠償を請求されてしまうというケースもあります。こういったトラブルになると、慌ててしまう方、どう対応したら良いのか分からない方も多いと思いますが、まずは一人で悩まずに専門家に相談するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です