フリーランスの確定申告は早めに相談

毎年、新年を迎えると各企業は納税の準備に忙しくなります。
個人事業主やフリーランスの人も、確定申告の準備や、納税のための準備に追われてしまいます。
例年のことですから、慌てる必要はないように思うのですが、なぜかその季節がやってくると気ぜわしさを感じてしまいます。
たぶん、通常のように仕事をしながら、納税の準備のための資料の整理や計算といった、面倒な仕事が増えてくるからではないかと思います。

東京などではこの季節が近づくと、テレビやラジオで税理士協会のコマーシャルが流れるようになります。
多くの人が税理関係には知識が不足していて、独自で提出しても何度もやり直しを迫られたり、予定外の金額を納税額として提示されることがあるので、是非、専門家に相談しましょう、というような内容です。
これは確かに一理あります。
税金に関しては、一般人にはとても複雑な仕組みになっていて、簡単そうに思えて実はとても難しい作業になるからです。

個人事業主やフリーランスに限らず、どの費用が設備費になるのか、また経費として認められるのか、判断がつかないことがたくさんあります。
また経費だと自分では理解していても、必要な記載がなかったり、情報が不足していることで経費としては認められない、といったことも出てきます。ではどのような点に注意をしなくてはいけないのでしょうか。

これはその費用ごとに違う点が多いので、専門知識がある税理士などに是非、事前に相談しておくと良いでしょう。
新年を迎えてから相談しても間に合いませんので、来年のために一年前からの準備が必要です。
そして毎月、自身で入出金の確認をしておくことです。月ごとでも大変な作業になりますので、普段からこのような習慣を身につけておくと楽になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です